Godfathers and Sons

ゴッドファーザー & サン [DVD]  反抗的なラップバンドとして有名な、そして若年層に人気のあるパブリックエネミーのチャックDが大好きなアルバムがマディ・ウォーターズの問題作と云われる「Electric Mud」という作品で、チャックDはこのアルバムのことでチェスレコードの創始者の息子であるマーシャル・チェスと連絡を取り、物語は始まる。物語っつってもドキュメンタリーだからそのままなんだろうけどさ。で、面白いことに35年も前のこの作品を録音したバンドの連中をもう一度集めて何か面白いことをやろうということで話が盛り上がり、ブルースの街、シカゴで二日間のレコーディングを行うこととなり、そこには新たなる刺激としてのチャックDとココモというラップシンガーが参加した全く新鮮な「I'm A Hoochie Coochie Man」が出来上がるのだった。

 所々で挟み込まれる回想シーン代わりのフィルムやビデオ映像は目が飛び出るようなものばかりで、それだけでも十分に感動的なのだが、例えばココ・テイラーなんてのは当時を振り返りながら語ってくれるというのもやっぱり感動的だよね。そういうのって生々しくってさ、別に英雄伝だったり夢物語だったりするだけじゃなくて、すごく貧乏なことだったり決して有名だからと云って素晴らしい人ってワケでもないってのもあって人間模様を感じる。しかし、そんなフィルムでも結構昔から色々見てたり漁ったりしてたから見たことないのはそんなにないだろうなんて思ってたけど、甘かった。マディのスタジオセッションのシーンなんての見たことなかったし、ハウリン・ウルフのだってそうだ。でもって、結構探して見つからないままにしておいた、マイク・ブルームフィールドが動く映像ってのを見たのも驚いたなぁ。PBBBのサム・レイがシカゴブルースフェスティバルに出演してドラムを叩き、そして歌うなんてのも驚きだったけど、その時に流れたPBBBの当時の映像なんて残ってたんだね。凄く驚いたわ、ホント。是非20分モノでもいいからリリースしてほしいくらい。そういえばこのフェスティバルではあのアイク・ターナーが何とかっつうピアノプレイヤーに影響を受けて音楽を始めたらしいんだけど、その張本人とのセッションが実現していて、感謝感激涙溢れていたってのも印象的だった。そんなに時が流れてから一緒にできる時が来るなんて本人も思ってなかっただろうから…できればアイクのインタビューでもやってほしかったね。

 こうして映画でドキュメンタリーで書かれるとチェスレコードってのはこだわりがあって凄かったんだなぁというのがわかる。あの時代に白人二人が黒人ばかりをプロデュースしているんだからとんでもないことだよ。それで本人達は凄く純粋で気にもしてないし、ブルースに取り憑かれてるしね。息子のマーシャルったってもういいお爺ちゃんなんだけど、良き時代に育った良きプロデューサーだよね。でもしっかりとその後ストーンズのマネージャーやったりと色々経験してる。で、最後、やっぱり卓の前にいると自分が甦ってくるっていう職人気質を語る時の目はやんちゃな子供そのもの。好きなものに本気で集中して取り掛かれるってのは幸せなことだよな。羨ましいね。

Lightning In A Bottle

ライトニング・イン・ア・ボトル [DVD]  2003年ブルース生誕100周年記念としてアメリカではかなりの盛り上がりを見せたイベントとなったが、まずは映画が何本も制作上映されたこと、そしてエアロスミスを筆頭にブルースに忠実なアルバムが話題を賑わせたこと、そしてその集大成としてニューヨークのラジオシティで十数組のアーティストが一堂に会してライブを行うこととなった。当然ながらこのイベントそのものもフィルムに収められ、広く世間に知れ渡ることとなったのだ。故に本作品に収録されているものは単純に生のライブシーンとインタビュー、そして古いフィルムやビデオを織り交ぜたドキュメンタリーに仕上がっているワケだ。

 もちろん若手が育ってこなければいけないので最初の方などはあまり知られていないミュージシャンが出演しているのだが、それだって普通に聴いたら結構凄い歌を歌っていたりするワケで、流石にこのようなイベントに出演するだけのことはあるなぁと素直に感動。悪いがスティーヴン・タイラーとジョー・ペリーの出演よりも最初の方に出てきた連中の方がよっぽど通じるモノがあったな。ま、そりゃしょうがないんだけどさ。後ねぇ、やっぱり白人のブルースはこういう中に入ってしまうとちょっとダメだね。軽くなっちゃう。ジョン・フォガティだって、まぁ、ブルースをそのままやってたワケじゃないけどやっぱカントリーだもん。ボニー・レイットもやっぱり軽くなるし。まぁ、オマケみたいなもんだけどデヴィッド・ヨハンセンなんて例外だよな(笑)。面白いけど。一方ではもの凄い存在感と圧倒的なカリスマ性を見せたソロモン・パークの歌唱力とパフォーマンス性に驚くばかり。昨今のヒップホップやラップ系の成金趣味なんぞ可愛いモノで、元祖とばかりに派手に、そして実力ももちろん伴った素晴らしい歌声で場をモノにする。う〜ん、最初の方でBBキングが「お前さんみたいに歌えたらギター弾いてないよ」みたいなこと云ってて、何のことかと思ったらそういうこと。そのBBキングもオーラスの出番でもちろん圧倒的な貫禄とギタープレイで会場を盛り上げていた。やっぱすげぇな、このくらいのキャリアを積んだ人達は。時代が違うから、そういうところ生きてきた人達ってのはやっぱ凄い。しかも人種差別ありの中から来てるから余計だよな。

 後はね、やっぱり最大のヒットはバディ・ガイバディ・ガイがジミヘンの「Red House」やるんだけど、驚いた。ジミヘン亡き後、ジミヘンみたいにギター弾ける人なんていないと思ってたらここにいた。完璧にジミヘンを超えるギターを弾ける人。バディ・ガイ。多分、ジミヘンのフレーズをちょっと真似して歪んだギターで好き勝手に弾いてくれる場を提供してあげて、バディ・ガイが本気でギター弾いたらジミヘン以上にジミヘン的ギターが聴けるハズ。この映画の中での「Red House」はそれを証明しているし、だからこそその後に出てきた何とかっつう女が「Voodoo Chile」をやるに当たってバディへのゲスト出演を強靱にお願いしたっての分かるもん。これはホント目から鱗が落ちた気分だった。そっか、後継者は無理だけど先駆者にジミヘンを真似させればできるよなぁ。だって、そこからのルーツなんだもん。そう思った。あ、パブリック・エネミーのパフォーマンスも初めて見たけど、なんだかんだで好き嫌いはあるけどやっぱり凄く上手いなって思ったな。曲の持っていき方とかパワーはもちろんだけど、ウケてもおかしくないし古い連中にも訴えかけるモノはあるんだな、ってのも認識。好きになるかっていうのとは別にそう思ったかな。

 やっぱこういうセッションっつうかイベントっつうのは見所満載で面白いな。出来れば4時間くらいにまとめてくれればもうちょっと色々な人を見れたのになぁと思う。でも面白い。彼等、歴史だもん。

The Road To Memphis

ロード・トゥ・メンフィス [DVD]  ブルース発祥の地となるデルタ地帯のメンフィス。広大なテネシー州を端から端へと駆けめぐるドサ回りバンドを元に描かれていくドキュメンタリー。クライマックスはかつてメンフィスのブルース界を支えてきた男達の共演イベントなワケだが、何というのかな、ブルースって面白い。まずドサ回りをやっているボビー・ラッシュだが、知名度は正直云ってほとんどないし、いわゆるクラブからクラブへと回っていくバンドで、好きじゃなきゃできないよなぁって思うようなものだし、それでもやっぱり一国一城の主なわけで、バンドも喰わせてるんだよね。どこまでも続けていくしかない仕事なのかなぁって云うのが見ていて辛いというか、あまりにも先行き見えないなぁって。でも楽しそうに歌ってるから、羨ましいかな。

 そして本作の準主役…と云うのか、昔は大物ピアノプレイヤー、今は引退して20年、今回メンフィスに戻ってきて再びブルースを奏でることとなったロドニー・ゴードン。う〜ん、名前知らないんだけど、15歳でキャディラックを買ったっていうんだから相当売れたんだろうな。50年代のメンフィスでは「ビール通り」っつうところがあって、ここにジャズやらブルースやら、いわゆるクラブ、パブが立ち並んで朝まで音楽を奏でていたという所らしいが今では跡形もなく、時代の変貌を見せつけられる。そしてB.Bキングも故郷に戻りメンフィスを堪能するようだが、どこか活気がない。ライブシーンや再会シーンでは活気があるどころかもの凄いパワーと素晴らしい音を聴かせてくれるんだけど、やっぱ故郷ってのは良い思い出も悪い思い出も甦ってくるからかな。分かる気がするけど。

 そしてアイク・ターナーとサム・フィリップスの再対面。エルビスについての論理とサンスタジオの当時の姿勢など、チェスレコードと同じく白人黒人関係なしに想いを掛けている人間達が集まったからこそ素晴らしい歴史が刻まれたと改めて実感するシーンだ。そういう意味では広範囲B.Bキングがフィルモアでライブを行ったときの感動を語るシーンも時代の産物、正に60年代終盤のロック黎明期と重なる。

 あまりにも映画的で寂しかったのがロドニー・ゴードンがその後すぐに亡くなってしまったことで、出来過ぎじゃないかと思うくらいのタイミング。映画であんなに明るく楽しそうにブルースを歌っていた人が突然という感じで、最後によい思い出できてよかったな、というのはあるけどさ。人はいつ死ぬかわからんから一瞬一瞬を楽しむってのも大切だよね。それからB.Bキングのギターの迫力に喝采。更にアイク・ターナーのピアノではなくギタープレイの凄まじさも新たな発見だったなぁ。やっぱブルースは深いっ。

The Blues Movie Project

ザ・ブルース ムーヴィー・プロジェクト コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)  ロックの人ではないんだけど、ロックの人よりも強烈な声を持つ正に「歌手」であるトム・ジョーンズ。俗称「トム様」。昔から名前は知ってたけど、そんなに聴いたこともないし、意識したこともなかったんだよね。ま、でもきっかけってのはあって、昨年ブルース生誕100周年ってことでブルース映画で盛り上がった(一部のマニアだけ?)時に色々な映画が製作された。

 「ソウル・オブ・マン」『フィール・ライク・ゴーイング・ホーム』『ロード・トゥ・メンフィス』『デビルス・ファイヤー』『ゴッドファーザー&サン』『ピアノ・ブルース』などマーティン・スコセッシが筆頭となってこの一大イベントをぶち上げたワケだが、その中の『レッド、ホワイト&ブルース」がもっともロック好きにはとっつきやすい映画で、魅力的な作品だったのだが、そこで冒頭からジェフ・ベックと共に歌い上げているのがトム・ジョーンズだったのだ。え〜?この人ブルースなんて歌うのか?なんてのは最初の疑問だけで、一音発声した瞬間からトム様の声に唖然。

「すげぇ」 巧いとか何とかっていう技量の問題じゃなくてとにかく本物の歌手ってこういうことを言うんだ、って感じ。音楽のジャンルとか好き嫌いは超越した本物の声。で、即効で適当なCDを探しに行って見つけたのが「The Best of Tom Jones」。ベストなんだからベスト盤だろうと思ったんだが、どうやらテレビショウの模様から抜粋されたベスト盤だったらしい。まあ、それでも別に凄さに変わりはなくって、CCRで有名な「Proud Mary」なんてもうジェームズ・ブラウンを超えてるよ、このファンク度合いは。ラスベガスのディナーショウでアダルトな奥様方を魅了し、フリオ・イグレシアスみたいな感じだと思ってたのが、こんなに凄いパンチのある歌声だとはなぁ、驚いた。ロックのフィールドでこの人の歌に勝てる人いないんじゃない?もちろんロックは勝ち負けじゃないし上手い下手でもないから全然問題ないんだけど、この人ホントに凄い。

 で、アマゾン見るとこのベスト盤はもう見当たらないので、代わりにお買い得ベスト盤を掲載。

The Blues Brothers

ブルース・ブラザース [DVD]  随分と昔に見たキリとなっている映画のひとつにブルース・ブラザースがある。今思い起こしてみると果たしてどんな映画だったっけなぁ、とストーリーすら思い出せない。というかそもそもストーリーがあったのかと思うのだが、どうやらきちんとしたストーリーがあったらしい(笑)。ネットで見ているとそういうもんだったかな、とかなり疑問符が頭を駆け巡るものの何となく思い出してきた。もちろんビデオは持っているのだが、なかなか見る機会がないのだな。

The Blues Brothers - Briefcase Full of Blues Briefcase Full of Blues

 豪華絢爛なキャスティングとユーモアたっぷりのストーリーということであの黒ずくめのスーツに黒いハットとサングラスという格好は一世を風靡したものだ。今でもUSJとかにあるんじゃないかな。それはさておき、その豪華キャストにはアレサ・フランクリンも含まれているが、何と言ってもジェームス・ブラウンやレイ・チャールズといったビッグネームがサラリと出演しながら実に個性的な役割で重要な意味合いを持っているというのも良いし、そこで歌声を披露するっつうのもミュージカル映画(?)の楽しいトコロ。何をやっても上手くいかない、でもスネないで流れのままに任せて生きていくブルース・ブラザースの二人が実にコミカルで面白い。決して大声で笑うでもなく、また怒るでもなく淡々と「しょうがねぇなぁ」と言う感じで全てを受け入れて生きていくスタンスがどこか同調してしまうんだな。

 ところでブルース・ブラザースというバンドそのものも実際に存在していて、もちろんこの二人によるバンドなんだが結構面白いんだよねぇ。別にブルースってワケじゃないんだけど、アメリカンコメディそのもののオンパレードで聴いていると凄く明るく楽しい気分になるお祭りサウンド。ホーンセクションバリバリのロックンロールショウという感じかな。こういう脳天気さっつうのはアメリカ独特で興味深いし、それでいてもちろんバックバンドのテクニックとかは結構天才的だったりするのでプロの仕事はやはり面白い。あまり聴く機会がないかもしれないけど、普通のバンドよりも絶対に楽しめるライブ盤だったりするからさ。

Eas€y Rider

イージー★ライダー  60年代のアメリカそのものを投影したロック映画として有名な「イージー★ライダー」。やっぱりデニス・ホッパーの人柄に惚れるんだが、それはともかくこの映画のストーリーは全くよくわからない(笑)。ロック好きならば「ウッドストック」と共に見るべき作品として位置付けられているので、そうかそうかと思い若かりし頃から見始めたものだが、いやぁ、とんと理解できない。理解できないところがこの映画を理解する最も賢明な手段ってことに気付くのはもう少し経ってから…。

 チョッパーのバイクであの広くてまっすぐな道を悠然と駆けていく、コレこそ正にアメリカン。それだけでかっこいいってのあるもんなぁ。いきなり話飛ぶけど、その壮大なスケールが最後のシーンにも繋がっていって、あっけなく銃殺されるっつう…、一体何だったんだ?こいつらは?って感じの映画。LSDで乱痴気になるところとかはそのままの雰囲気が出ていたりするけど、あとは全くよくわからん。ただ、何かに向かって走っているってことだけで、意味はない。人生なんてマジメに考えてもしょうがない、その場よければ全て良しみたいな流れで作られている。ヒッピー時代ってのは結局のトコとそういうイージーな考え方でよかったんだなぁと改めて思う。まぁ、現代でもそういういい加減なのはいっぱいいるんだろうけど、正に象徴かな。

 一方、ロックサウンドだけで映画が構成されているてのは映画界に於いては画期的なことだったみたいで、ロック界ではそれ自体がこの映画とロックを結びつけることでもあるが、何せステッペンウルフの「Born To Be Wild」なんてのはこの映画の象徴だもん。他の曲知らなくてもこの曲は誰でも知ってるだろ、ってくらい有名。後はジミヘンとかバーズとかザ・バンドとかね。