Robert Johnson - The King Of Delta Blues

コンプリート・レコーディングス  ブルースを語るには外せないキング・オブ・ブルース、ロバート・ジョンソン。ちなみに同姓同名の人間はアメリカには山のようにいるだろうし、あまりにも一般的な名前が伝説の人物になってしまったために同姓同名のミュージシャンは皆が皆ミドルネームによるあだ名を自分の名前として呼ばせるというくらいに強力な個性を放つこととなったブルースメンなのだ。ん?まあ、そういう側面も持っているってことですが(笑)、通称ロバジョン。英国ロックミュージシャンの間では伝説として語られ、クラプトンからジミー・ペイジ、ブライアン・ジョーンズやキース・リチャーズ、ピーター・グリーンなどなどありとあらゆるミュージシャンをしてその歌とギタープレイの強烈な印象をレコードで聞き込んだ彼等はこぞってそのフレーズをコピーしては自身の曲に反映させている。

 流れ流れて辿り着いた先がミシシッピー州で、どうやら悪魔に魂を売り渡してから辿り着いた先だったようで、その十字路を歌にした「Crossroad」はあまりにも有名、クリームによる独特の演奏はそのアドリブプレイにより賞賛され、惜しげもなくロバジョンの曲だと言い張ったクラプトン。そしてその十字路の話は後に映画も制作され、そこではライ・クーダーの音楽映画にも出演したスティーヴ・ヴァイによるパフォーマンスが象徴的で面白い。…が、もちろんロバジョン本人はそんなこと露知らず、27歳で人生を終えてしまうのだ。毒殺。それも女癖の悪さからということで、まぁ別にかっこいいものでも何でもなくてどうしようもない人間だったんだけどギターを持って歌わせたらとんでもないヤツだった、と云うことだ。

 1930年代にいくつも吹き込んだ音源が残されており、それらを纏め上げたのがアナログ時代から有名な「King of Delta Blues Singers」というものだが、CD時代になってからはソニーから怒濤の2枚組CD「The Complete Recordings」がリリースされて、そのアウトテイクやら何やらとほぼ全てのロバジョン音源を網羅しているのでこいつで決まり、って感じで聴いていた。当然ながら最初は全く何が楽しいのやら、どれもこれも強烈な歌と刺さるようなギターってのは衝撃的だったけど、一曲一曲の違いなんてのは大して感じないもので、いくつか聴くと非常に疲れてしまう音楽だったのだ。今でも立て続けには聴けないね。だが、一曲づつ時間をかけて聴いていくと、それぞれの持つ曲の凄さに驚くことが幾つも幾つもある。歌詞についてもよく取り上げられるのだが、非常に直接的なブルースソングが多く、それでいてそのまま読むと全く現実味のない歌詞もあって、何気にセンスを光らせているのだ。「Devil」ってのが入ってくるあたりが良い♪ そしてサウンド…、ギター一本で弾いているとは思えないくらい多彩なサウンドが散りばめられているので、ギターを持ってちょっとでもコピーしながら聴いてみようと思った方ならわかると思うが、全く手が出ない。それをロバジョンが好きだから…なんてコピーしよう、してたっていうクラプトンとかペイジとかってやっぱり変態だよ。まぁ、素人にはどういう聴き方したらコピーできるんだろ?って思うだけなのでその辺がやっぱり偉人なんだろうなぁ。今日本でギター弾いてますって人、プロも入れてロバジョンコピーできます、って人何人くらいいるんだろ?しかもジミヘンもね、って人はもっと少ないだろうし…、それくらいヘン。この人ももちろんアコギでのプレイなんだけど、マーシャルの音より歪んでる(笑)。すげぇんだよなぁ…。

 昔々…っつっても20年くらい前までは写真一枚も見つからなかった伝説の人物。ようやくあのタバコをくわえてアコギ持ってる写真が発掘されたって云うので話題になり、ちょっとしたら「The Complete Recordings」のジャケにもなったスーツ姿の写真が出てきてとんでもなく話題になったものだ。多分、この二枚しか写真はないんじゃないかな。それくらい希有な人なんだよね。

Son House - Death Letter

THE ORIGINAL DELTA BLUES  ロバジョンの師とも云われているデルタブルース界の大御所、通称「Father of Delta Blues」と呼ばれるサン・ハウス。今のところこの辺りが歴史的に漁れる最古のブルースマンの系譜らしく、時代は1930年と云われており、チャーリー・パットンなどと共に参加しているオムニバスアルバムが最初の音源だろうと思われるんだけど、いやはや時代の産物…。この人の面白いところはそんなことしながらもいつの間にか身近にいたロバジョンにギタープレイを盗ませておきながら、いつしか自分自身よりも凄くなっていくロバジョンそのものも見ていたことだろう。この辺の話って誰もサン・ハウスに訊いてないのだろうか?彼は1988年まで生きていて、十分に歴史の生き証人としてインタビューなんかでもされていそうなのだが、残念ながら自分は読んだことがない…、生の声で彼がロバジョンを語るってのは是非読んでみたかったのだが…。

 この人も面白い経歴を持つ人で、元々は牧師さんだった(ブルースマンには希にこういう人いるのだが)ようで、悪魔の音楽であるブルースに出会ってからというものロクなこともなく、何と正当防衛ながらも殺人までしてしまうという恐ろしさ。模範囚となったために一年で出所してきて、ギター弾きになるんだけど、ロバジョン話が出るくらいまではまだウワサもあったのだが、その頃からプッツリと消息が途絶えてしまい、彼は今どこへ?ってなもんで、消息不明、もちろん誰も探しやしないので世界の片隅で話題になっても意味不明なんだけど、1964年、とあるブルース研究家がその行方を捜し出して発見し、そこでシーンにお呼びが掛かる。

 その頃の録音が「Father Of The Delta Blues: The Complete 1965 Sessions」っつうCDで丸ごと聴けるので、多分コッチの方が有名。実はそんな経緯があった後の録音なので既に60歳前後の頃なんだけど、驚くことにテレビで演奏している(口パクだろうけど)様子が残されていて、何かで見たことがあるんだよな。え〜!ってなもんで、見入ってしまったんだけど、人間業じゃなかった(笑)。人間自体がリズムマンで、腕は変態的なギター職人で、歌はもうエグくってさ…、音だけで聴いていても刺さる音だなぁと思っていたけど、映像見るともっと驚くわ。やっぱブルースって凄いな、と実感したもん。まぁ、使ってるギターがドブロだからってのもあるけど、そのギターをバンバン叩いてリズムを出しながら弾いているっていう凄さ…、やっぱ独創的な人です。

Hound Dog Taylor - Hound Dog Taylor & The HouseRockers

Hound Dog Taylor and the Houserockers 指が6本あるギタリストとして有名な人って…知られてないか、あんまり(笑)。ブルース界って結構不思議な人ってのがいてさ、ジョニー・ウィンターだってアルビノ人種でしょ、それから随分昔ではブラインド・ウィリー・なんとか、なんていう盲目のギタリストやピアニスト、果てはバイオリニストなんてのも盲目の人でいたりする。本日ご紹介のハウンドドッグ・テイラーは6本指なんです。まぁ、腫瘍に近いと言うか奇形と言うのか…、あまりよく見える写真はないんだけど、小指の根本にもう一本指があるような腫瘍みたいなのがあるんだよね。

Hound Dog Taylor & The HouseRockers - Hound Dog Taylor and The HouseRockers Hound Dog Taylor and The HouseRockers
Hound Dog Taylor - Live At Joe's Place Live At Joe's Place

 さて、そんなハウンドドッグ・テイラーとハウスロッカーズという名義でのファーストアルバム「Hound Dog Taylor and the Houserockers」はアリゲーター発足の印。ハウンドドッグ・テイラーを見たからこそレーベルを興そうなんて思ったらしく、実際アリゲーターを立ち上げて一枚目がこの「Hound Dog Taylor and the Houserockers」という作品。1970年の出来事っつうからブルースってのも結構新しいもんだ。いや、もともとは戦前からのサウンドだから新しくはないけど、1970年頃になってからのアリゲーターの功績って大きいじゃない?それってロックの進化と共に進んでいったんだな、と。

 そしてこのハウンドドッグ・テイラーの「Hound Dog Taylor and the Houserockers」という作品だが、バンド名通りブルースとして聴いていくよりも今で言えばホワイト・ストライプスを聴くような感じで聴いた方が良いのかもしれない。ドラムとハウンドドッグ・テイラーのギター、それともう一人のギターというトリオ編成なのでベースレスです。聴いてみるとわかるけどギターでベース代わりに弾いているという何ともまぁあまり考えられない構図でのプレイ。そんな編成の中でハウンドドッグ・テイラーは縦横無尽にエグイ音でギラギラとギターを弾いているワケだから、どっちかっつうとブルースメンっつうよりもガレージサウンドを最初にやった黒人ってトコか。ま、エルモア・ジェイムズのギターに近い音ではあるが…。

 …とは言え、曲はやっぱり3コード中心でブルースを踏襲した形式であることに代わりはないのでやっぱりブルースメンとなる。いや、ブルースバンド、か。でもハウスロッカーズという名は伊達ではない。同時代のロックからしたら全然チープだけど、エネルギーはもの凄いよ。そんな感じの熱いロック好きな人はハマれる、っつうか聴いておかないとアカンでしょ、「Hound Dog Taylor and the Houserockers」は。

Sonny Boy Williamson - Eyesight to The Blind

ブルースの巨人(11)  ブルースという音楽表現の中でいつからかハーモニカという楽器がクローズアップされており、ロック系の白人ブルース系でその筋の有名人と云えばポール・バターフィールドが唯一無二の存在だが、ロックのボーカリスト達もブルースに影響されたと公言している人達は多くがハーモニカを吹くシーンが見受けられる。例えばZepのロバート・プラントだったりエアロのスティーヴン・タイラーだったりするワケだが、彼等がこぞってお手本にした人と云えばサニー・ボーイ・ウィリアムスンを於いて他にない。エルモア・ジェイムスがついて回った最初のブルースメンはこの人手見事なブルースハーピストだったワケで、だからこそ横でギターを弾いていたのかもしれない。

 しかしこの人が音を吹き込んだ、と云うのはそういった伝説とは別に結構時期が遅くて1950年代になってからとなり、最も全盛期であった1930-40年代あたりの音が残されていないので残念。…とは云えども50年代初期にはかなりの量の音源が吹き込まれており、そこではエルモア・ジェイムズのギターがクローズアップされているであろう曲もいくつか散見されるのも面白い。そういえばエルモア・ジェイムスの「Dust My Bloom」のトランペットレーベル時代の録音音源ではこのサニー・ボーイ・ウィリアムスンがハープを一緒に吹き込んでいるのも忘れてはいけない。で、この初期の音源の中に「Eyesight To The Blind」と云う曲があって、後にこいつを自身のコンセプトアルバム「Tommy」に唯一のカバー曲として流用することとなるThe Whoのピート・タンジェンドという天才の目にかかったものがあるのだ。これはこれで凄いセンスなのだが、この初期の作品集の中でも「Eyesight To The Blind」という曲は確かに傑出した曲という気がしないでもないな。

 この時代を生きた人達ってのはとにかくパワーをそのままぶつけてくる感じで普通に聴いているだけっていう音楽ではないので疲れる、っていう印象が一番。その後心して聴いていくとしっかりと響く音ってのは楽器がどうであれ凄いもんだよね。それで一時期このアルバムを結構聴いたなぁ。ブルースってのは本当に奥が深い。そういえばこの人、ヤードバーズとも一緒にやってたりするんだよね…。ちなみにロバート・プラントはこの時イギリスに来ていたサニー・ボーイ・ウィリアムスンのライブを見て、楽屋に進入してハープを盗んだんじゃなかったっけ?まぁ、それくらい好きだったってことなんだろうけど、イギリスのシーンに登場したサニー・ボーイ・ウィリアムスンはこれもまた印象的でロックシーンとの絡みが出てきて話題になるんだよな。

Sonny Boy Williamson - One Way Out

ワン・ウェイ・アウト  演奏を媒体に吹き込む、もしくは録音して形に残すという行為はレコードというものとなって初めて実現したことで、1920年代頃に遡る話なんだけど、それでもまだ80年くらい前の話で、技術の進歩は凄いものだよね。いまやデジタルだもん。自分達が耳にする音の中で一番古いのって多分ロバート・ジョンソンの録音とかかな。1930年代半ば頃の音源っていうからさ。まぁ、戦前ブルースっていうくらいだからそりゃそうか。しかし今となってみるとそういう音が残っているのは凄いことだな、とつくづく思う。ふと、そんなことをたまたまソニー・ボーイ・ウィリアムスンの「ワン・ウェイ・アウト」を聴いていて、調べていると1955年から60年頃に録音された音源を集めたモノ、と書かれていてさ。凄いなぁ〜と。

 そんな時代のアルバム、じゃないんだろうな、シングルへの吹き込みを纏め上げたモノっていう感じだと思う。アルバムとしてリリースされたのは1965年だから、ま、それでも古いんだけどありがたい編集です、うん。「ワン・ウェイ・アウト」という作品で、ソニー・ボーイ・ウィリアムスンIIの傑作と言われる「ダウン・アンド・アウト・ブルース」と比べたって甲乙付けられないんじゃないか、ってな作品だ。多分後者はマディ・ウォーターズ、オーティス・スパン、ウィリー・ディクソンっつうメンツが揃っていたから代表作に挙げられるんだろうけど、この「ワン・ウェイ・アウト」ではマディは参加していないのかな、なんとなくそういうギターが聴ける曲がいくつも聴けるので、多分参加してるんだろう、と思う。一応ギターはロバート・ロックウッド・ジュニアが弾いているようなんだけど。確かにこの人とマディ・ウォーターズのギターって似てるからわかんないな(笑)。

 メンツは元より、そもそもソニー・ボーイ・ウィリアムスンという人のハープはホントに見事なもので、歌なのかハープなのかギターのオブリガードなのか全く区別なく、遜色なく普通に入ってくるんだから不思議。もっともここまでハープを吹き倒す人も多くないから余計になんだろうけど、バンドがどうであろうとも自分で歌ってハープ吹いてブルースしちゃってるので、それだけでもうクラクラするくらい。録音ももちろん一発録りだろうからもう思い切りライブ感たっぷりだし、白熱した空気が詰め込まれているよね。この音を聴いて英国の白人坊や達は狂喜してこぞって駆けつけていたらしいからねぇ。ロバート・プラントなんてその最たるものでしょ(笑)。まぁ、アメリカの本場に行けばリトル・ウォルターやジュニア・ウェルズなんかもいるのか。

 ブルース…、こういうのはいいね。曲を知ってるとか知らないとか関係無しに浸れる。ジャズなんかもそうだけど、音に身を任せられるからさ。あぁ、だからアルコールにピッタリなんだ…。なるほど(笑)。